スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

THE KAWABUN NAGOYA ---Marketing & sales---

第2回 ワインパーティー

11/10(火)、THE KAWABUN NAGOYA主催で2回目のワイン会を行いました。
前回お越しになっていただいたお客様や、日ごろレストランにお越しのお客様などたくさんお見えになっていただき、この日限りの特別メニュー厳選したとワインで"秋の夜長"をお過ごしいただけたと思います。

今回のテーマなニューワールド。
世界各地から選りすぐった5種類のワインともに、トリュフやキノコをふんだんに使ったイタリア料理でマリアージュをお楽しみいただきました。

その日のメニューは・・・

<アミューズ>
・愛知県産いちごとパルミジャーノのクロスティーニ
・タスマニア産サーモンのマリネ エルバとモスタルダ
・インカのめざめのボッリート ゲランド産トリュフソルトとE.X.V.オリーブオイル
(手前から)
アミューズ
まだ酸味のあるいちごは一度グラニュー糖をまぶしてバターでソテーしたもの、パルミジャーノとバジルを添えて意外性のある組み合わせです。
タスマニアサーモンは岩塩、砂糖、胡椒、で一晩マリネしてからマスタードとたっぷりのハーブで風味をつけました。
インカのめざめは”ほくほく”とした美味しさが特徴、それをいかして茹で上げをそのままトリュフソルトと上質なオリーブオイルで召し上がっていただく、あたたかいアニューズです。
ウェルカムドリンクの"シャンドンヴィンテージ・ブリュット・ロゼ"のフルーティーな味わいにピッタリの相性です。

<前菜>
三河鶏とたもぎ茸のインサラータ
コールアペ
にんにくとハーブ、オリーブオイルでマリネしてからグリルした柔らかな三河鶏とソテーしたたもぎ茸(前回のブログ参照)をヴィネグレットとトリュフオイルで和えました。さっぱりして香りのあるサラダはウェルカムの際の"シャンドン"とくっきりとした酸味の"ニュートン・シャルドネ"と一緒にお召し上がりいただきました

<温前菜>
三河湾産真鰯のフリット メイヤーレモン添え
ホットアペ
秋が旬のイワシを美味しく召し上がっていただくお料理です。セモリナ粉をつけてさっくりと上げるだけ。新鮮なイワシはそれだけで十分すぎるワインのおつまみです。メイヤーレモンは食べると口当たりはオレンジ、後味はレモン、という味の変化がする珍しいレモンです。フリットをスッキリと引き締めてくれます。こちらも先ほどの"ニュートン"で。

<パスタ>
秋茄子とドライトマトのスパゲティーニ
パスタ
「秋茄子は嫁に食わすな」というくらい(体を冷やすからという説もありますが・・・)一年で一番美味しい季節ですね。酸味のある"ニュートン"とも、香りのよい軽めの赤ワイン"デリカート・ジンファンデル"とも合わせていただいたこのパスタは、一度グリルした茄子を相性のよいドライトマトのサルサでオイルパスタに仕上げました

<リゾット>
ゴルゴンゾーラチーズとキノコのリゾット クルミ風味
リゾット
濃厚なゴルゴンゾーラのリゾットを少量お楽しみいただきました。
キノコはシメジ、シイタケ、マッシュルームを使用。イタリア産のナノ米をしっかり固めで仕上げました。
ローストしたクルミの香りと食感がとてもいいアクセントです。ここでも"ジンファンデル"は相性いいですね。このワインは大好評でファンになられた方がたくさんいらっしゃいました。
濃いめがお好みの方の為に"テラザス・レゼルバ・マルベック"が登場。しっかりとした渋みと芳醇な香りの赤ワインです。トロ~りとしたリゾットは赤ワインでも白ワインでも合いますね。

<メイン>
イベリコベジョーダと根菜のアッロースト 焦がしバターとバルサミコのソース
メイン
じっくりと、ゆっくりとローストしてキレイなピンク色のイベリコ豚は、お食事の最後ですのでおなかの頃合を考え比較的脂身の少ないロースをチョイスしました。カブ、サトイモ、レンコンもオリーブオイルでこんがりロースト、秋らしくギンナンも添えました。
焦がしバターの香ばしい甘味とバルサミコの酸味と深みのあるソースは2種類の赤ワインのおこのみが分かれたようですがそれぞれお楽しみいただいておりました。

<チーズ>
・アルピーノ(左上)
・ペコリーノ・ロマーノ(右下)
チーズ
アルピーノはピエモンテのチーズで「アルプスの」という意味です。アルプスの麓で作られたこのチーズはカマンベールのようで、もっとミルキーです。
ペコリーノはローマの伝統的なチーズで山羊の乳で作られた硬質チーズで、料理にもよく使われますがそのままでも山羊の乳の香りと適度な塩味で赤ワインがすすみます。
添えてあるのは、トリュフ風味のはちみつとトマトのジャム、ちょっとめずらしいですよね。
そのままでも美味しいチーズをより美味しくしてくれます。
また、デザートワインの"スパイバレー・ノーブル・シャルドネ"をご用意、赤ワインやデザートワインの飲み比べをされた方が多かったようです。

<デザート>
・洋ナシのトルタ
・ウベッタ・コン・ブッロ
・栗のカンディート
(左から)
デザート
しっとりと焼き上げたの洋ナシのタルト、ゆっくりと糖度を上げながら煮詰めた栗のグラッセ、は秋の王道デザートです。ウベッタ・コン・ブッロは、ラム酒で戻してから発酵バターとあわせたレーズンバターのようなクリームで、サクサクと軽い生地と一緒にお召し上がりいただきました。
こちらはデザートワインとコーヒーを楽しまれておりました。

一皿のお料理でワインを飲み比べたり、同じワインでいろいろなお料理を楽しんだり、と
たくさんの旬の素材と5種類のワインを同時に味わっていただけるのはワイン会ならでは。
皆様、本当に楽しく、そして優雅な時間をお過ごしでした。

前回同様、お越しいただきましたお客様にはアンケートをご記入いただきましたが、非常にご好評をいただけましたし、次回以降のリクエストも頂戴しました。

次回は年明け2月9日(火)に開催(予定)。
どんなテーマにしようか練り始めていますが、寒い季節になりますのでゆっくりと赤ワインをお楽しみいただけるような感じにしたい、と思っておりますので乞うご期待です。

詳しくはHPでも随時ご紹介いたしますのでしばしお待ち下さい。
次回も皆様にお越しいただけるよう準備してまいりますので
皆様のお越しをお待ちしております。

ワイン会・個室・PARTYのご予約、お問い合わせ      
Tel:052-222-2333
受付時間 11:00-19:00

2009/11/13 19:07 | 未分類  TOP

««BACK  | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。