スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

THE KAWABUN NAGOYA---Dining---

New Lunch Menu(7/26~7/30)

THE KAWABUN NAGOYAに今年も新しい命が誕生しました!

2階バルコニーから見える吹き抜けのお庭の竹の木に、
5匹ほどのヒナが孵り親鳥が餌付けをしています。

P1020450.jpg

OPENした3年前にも同じ種類の鳥が巣を作り、元気に巣立っていきました。

P1020452.jpg

お庭の手水鉢(ちょうずばち)やテラスの水を飲んでいることもあるので、
見かけられた方は温かく見守ってください。



今週は¥1,500メインランチと、¥3,200 スタンダードコースのお料理が変更になりました。

こちらは¥3,200の前菜
「サーモンとアボガドのタルタル」

P1020417.jpg

サーモンにシグレット、ケッパー、レモンヴィネグレットで味をつけ
しっかり熟れたアボガドを合わせました。

シーザードレッシングとの相性は抜群です!


メインで選んでいただくお魚料理
「本日の鮮魚のソテー フレッシュトマトとバジルのソース」

P1020419.jpg

シンプルにソテーした鮮魚(本日は鯛でした)に、トマトのサルサをからめています。

フレッシュトマトの酸味とバジルが爽やかな風味となっており、
ルッコラ、アスパラを添え、見た目にも鮮やかなお料理です。


お肉料理は
「飛騨けんとん豚のロースト フォンドボーとバターのソース」

P1020420.jpg

小麦粉を付け、ソテーした飛騨けんとん豚を仔牛のフォンドボー、白ワイン、バターのソースで
絡めるように炊いた一品

レモンを仕上げにアクセントとして風味付けしています。


お魚料理のサルサは、以前に鶏肉の料理でもアレンジしてご提供したことがあり、
とても好評でした。

お肉のフォンドボーのコクと柔らかさも捨てがたく、どちらかを選びがたいメインになっています。



こちらは¥1,500メインランチのお魚料理
「スズキと夏野菜のグリル 赤ワインビネガーのソース」

P1020416.jpg

夏が旬のスズキをグリルし、ニンニク、アンチョビ、カイエンペッパー、塩ケッパーを入れ
赤ワインの酸味の効いたビネガーをかけています。

カイエンペッパーとは、辛味を強めるため、
細かくパウダー状にした赤トウガラシから作られたスパイスです。

クリップボード01 

THE KAWABUN NAGOYAでは、GABAN(ギャバン)のスパイスを使用しています。
そのため、後味に少しだけピリっとします。


お肉料理は、
「国産鶏もも肉のソテー ディアボラ風」

P1020418.jpg

ニンニクとハーブでマリネし(香り付けするよう浸した)しています。

仕上げにピアンテオイルと言う、タカノツメの辛味をオリーブオイルに移したオイルで
ピリ辛に仕上げています。

今回のメインランチのお料理は、どちらもピリ辛な仕上げになっていますが、
「国産鶏もも肉のソテー ディアボラ風」
のピカンテオイルはかけずにご提供できますので、
辛いものが苦手な方は是非お肉料理を召し上がってみてください。

みなさまのご来店をお待ちしております。
http://www.thekawabunnagoya.com/

スポンサーサイト

テーマ : グルメ情報!! - ジャンル : グルメ

2010/07/26 13:05 | レストラン  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。