スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

ケッカソースの作り方---THE KAWABUN NAGOYA---

ケッカソースの作り方

「女子力UP」という言葉が世間で流行っている今日この頃。

「作ってあげたい 彼ごはん」と言うブログや単行本も人気なようですが、
このソースを作ることが出来れば、数々の”美味しい食事”に役立てていただけると思います。

クリップボード01 

THE KAWABUN NAGOYAで、現在「AUTUMN FESTIVAL」でご提供している¥6,800のコース
この温前菜「小ヤリイカのセモリナフリット」に使われている「ケッカソース」

P1040380.jpg

こちらの作り方をご紹介します。

<ケッカソース>
完熟トマト 10個
バルセート 50g
EXVオイル 200g
ニンニク 20g
バジル 約5束
塩 適量
胡椒 適量

ニンニクをみじん切り、もしくはフードプロセッサーで細かくします。

P1040419.jpg

バルセートとEXVオイルを入れます。

P1040422.jpg P1040427.jpg

バルセートとは白ワインヴィネガーのことを言い、赤ワインヴィネガーより少し甘く、
白身魚に良く合うお酢です。

THE KAWABUN NAGOYAでは、EXVオイルを「ZEFIRO」(ゼフィーロ)

P1040431.jpg

バルセートはイタリア産の「Laudense」(ラウンデンセ)を使用しています。

P1040425.jpg

トマトはへたを取り、湯向きをし易いようにおへその部分に十字の切れ目を入れます。

P1040412.jpg P1040416.jpg

沸かしたお湯に軽くくぐらせ、10秒~15秒くらいしたら引き上げます。
お湯が沸騰しているとトマトが煮えてしまうので気をつけてください。

P1040436.jpg P1040437.jpg

引き上げたトマトは氷水に漬けて冷やし、皮を取りやすくします。

P1040446.jpg

トマトの皮を剥きます。
ぺティナイフなどを使うときれいに取れます。

P1040449.jpg

トマトを横半分にスライスし、種を取ります。

P1040458.jpg P1040461.jpg

フォークやスプーンの背の部分を使って取ると、スムーズに取れます。

種を取ることで水っぽさの少ないソースを作ることができます。
また、保存期間も保てます。

P1040470.jpg

サイコロに切って、合わせます。

P1040472.jpg

バジルの葉も四角に切って合わせます。 

P1040473.jpg  P1040475.jpg P1040487.jpg

トマトの芯やバジルの茎をきれいに取り除くことで、口当たりが良くなります。

P1040471.jpg P1040477.jpg

塩・胡椒をして混ぜ合わせたら完成です! 

P1040497.jpg 

P1040500.jpg P1040501.jpg

今回のレシピはフリットに添える20人前の分量です。
ラップをして3~4日は持ちますが、お早めに召し上がってください。

ソテーした魚、肉どんなお料理にも合う抜群のソースですので、
色んな食材に合わせてお楽しみください。

P1040504.jpg

カリッとトーストしたバゲットに乗せるとカナッペとして、軽いアミューズにもなります。

また、大量に使ってしまいたい時は、冷製パスタや素麺に和えると
冷製カッペリーニのトマトソースのようにも使えます。

すぐに食べたくなった方は、是非 THE KAWABUN NAGOYAへどうぞ
http://www.thekawabunnagoya.com/

スポンサーサイト

テーマ : イタリアン - ジャンル : グルメ

2010/09/16 21:13 | キッチン  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。