スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

Truffe Selection(トフュフ セレクション) ---THE KAWABUN NAGOYA---

Truffe Selection(トフュフ セレクション)

昨晩からスタートしたトリュフセレクション
なんと、なんと、デザートまで全てのお料理にトリュフを使用した
とても、とても贅沢なコースです。

クリップボード01

通常のシェフズコースと同じ価格で本当に良いの??
そんなことまで思ってしまう、コースに仕上がりました。

まず、冷前菜
「炙り鶏ササミとキノコのインサラータ」

P1050114.jpg

バーナーで軽く炙った鶏のササミとキノコのマリネ(香り付けするよう浸したもの)
をトリュルオイルで和えています。
クレソンのサラダとパルメザンチーズのスライス、トリュフスライスを乗せています。

それぞれの食材の持つ食感が楽しいスターターです。


温前菜の
「濃厚卵と秋野菜のフォンデュータ 焦がしバターソース」

P1050115.jpg

フォンデュータとはチーズフォンデュの意味
卵と牛乳、チーズを使った濃厚なソースで野菜などを食べるイタリアのお料理なのですが、
知多濃厚卵の温泉卵と、ブールノワゼット(焦がしバターソース)に
トリュフのアッシェ(細かく刻んだもの)と、パルミジャーノ・レッジャーノをかけて
それぞれの味を楽しんでいただけるようにしています。

フォンデュータの醍醐味は、温泉卵を割って
とろりと卵の崩れを楽しむ所。

P1050117.jpg P1050121.jpg

最後の最後の一滴までパンに付けて楽しんでください。


二皿目の温前菜は
「ホタテとパンチェッタのグリル トリュフバケット」
ホタテにパンチェッタ(豚のバラ肉)を巻いて、グリルしています。
素揚げした銀杏の苦味をアクセントにどうぞ。

P1050123.jpg

ホタテとトリュフのバケットは別々に食べて、それぞれの味を楽しんでください。


一皿目のパスタは
「飛騨けんとん豚と白いんげん豆のラグーソース スパゲッティーニ」

P1050125.jpg

ほろほろと崩れるまで煮込まれた飛騨けんとん豚のラグー(煮込み)
白いんげん豆にもしっかり豚のソースをしみ込ませてご提供しています。

トリュフオイルがたっぷり入っている、印象的な一皿です。


二皿目のパスタは
「オマール海老とトマトのソース トリュフニョッキ」

P1050126.jpg

ジャガイモのニョッキに、隠し味としてトリュフのアッシェ(細かく刻んだもの)
を練りこんであります。

あまりトリュフを主張せず、オマール海老の甘く、深い味わいと
少しピリ辛に仕上げたソースを楽しんで頂ければと思います。


メインの料理は
「ホロホロ鳥のロースト ジャガイモのピューレ添え」

P1050134.jpg 

ホロホロ鳥はニンニクやハーブで一晩マリネし(香り付けするよう浸したもの)
3時間ほどかけて、ゆっくりコンフィ(低温の油でじっくり火を通す)し、
さらに皮目をカリカリに焼き、仕上げました。

ジャガイモのピューレはトリュフアッシェ(細かく刻んだもの)とトリュフオイル、
生クリームとバターで滑らかに仕上げていますので、鳥肉と一緒に召し上がってください。

P1050133.jpg 

仕上げにもたっぷりトリュフのスライスをかけています。

完成まで24時間をかけた超大作の一皿です。


デザートは
「バニラジェラート トリュフチョコレートソース」

P1050140.jpg
 
冷たいバニラアイスにトリュフオイルの香りがほんのり漂う、
濃厚なトリュフチョコレートソースを合わせました。

ヘーゼルナッツの食感とオレンジのセミコンフィ(柔らかく砂糖で煮込んだもの)
の食感と香りもお楽しみください。


全ての料理にトリュフを使いつつも、飽きさせない楽しさ
あっという間にデザートまで食べ切ってしまう、わくわく感の詰まったコースです。

期間限定のコースですので、是非、ぜひ召し上がりにいらして下さい。
http://www.thekawabunnagoya.com/

スポンサーサイト

テーマ : これは美味い!! - ジャンル : グルメ

2010/10/14 17:51 | レストラン  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。