スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

New Lunch Menu(11/1~11/5) ---THE KAWABUN NAGOYA---

New Lunch Menu(11/1~11/5)


週末31日にはセレモニーフェアが行われ、
ウエディングのご見学のお客様でにぎわったTHE KAWABUN NAGOYA

P1050573.jpg


今週からランチは¥3,200Standard Course(スタンダードコース)が復活します。
また、¥1,000 パスタランチのパスタが変更になりました。

¥3,200Standard Course(スタンダードコース)の前菜は、
「秋刀魚のマリネとカポナータ」

P1050588.jpg

カポナータとは、ナスが主役の野菜の炒め煮のことです。
秋刀魚はマリネ(香り付けするよう浸したもの)にグリルしてあり、
香ばしさがアクセントになっています。

 
「本日のスープ」

パスタは
「ポルチーニ茸と鶏もも肉のクリームソース タリアテッレ」

P1050590.jpg

イタリアでよく使われ、最も親しみのあるキノコ「ポルチーニ」
秋の食材の代表とも言える香り高いキノコと、クリーミーで濃くのあるソースのパスタです。

メインのチョイスの魚料理は
「魚介のトマト煮込み ”カッチュッコ”」 

P1050592.jpg 

カッチュッコとは、トマト煮込みを意味します。
白身魚、イカ、ホタテ、エビ、アサリ、それぞれ持ち味を
さっぱりとトマトで引き立てています。


お肉料理は
「鴨胸肉のロースト バルサミコソース」

P1050591.jpg

甘く柔らかい鴨肉に、酸味のあるスペシャルバルサミコソースをかけています。
THE KAWABUN NAGOYAでは、イギリスのロイヤルファミリーや
フランスの三ツ星レストランでも愛用されているモンテベロのスペシャルバルサミコを使用しています。

DSCF2295.jpg

スペシャルバルサミコソースとは、原液のモルト(ぶどう果汁)を直射日光に当て、
甘みを凝縮させてから樽詰めしている、25年熟成させた物と同じくらい甘みが強く、
トロリとしたソースを言います。
煮詰めていないのに25年熟成させた物と同じくらい甘みが強く、トロリとし、
とにかく甘く美味しいものです。

デザートは、  
「洋梨のコンポートとバニラアイスクリーム」

P1050593.jpg

洋梨を白ワインとレモンでコンポート(シロップで煮込むこと)しました。
ほんの少ししゃきしゃき感の残った洋梨と、甘いバニラアイスの相性は抜群です。

洋梨のジュレとアクセントになるようパイ生地も乗っています。

今週のオイルベースのパスタは
「イトヨリ鯛と今市蕪のスパゲッティーニ」

P1050587.jpg

ほぐしたイトヨリ鯛の風味が今市蕪(いまいちかぶ)の独特の風味によく合っています。
今市蕪とは、昭和30年ころまで奈良市今市町でさかんに栽培されていた、
早生で中型、扁平な形をした蕪ですが、葉も柔らかく美味しいので刻んで入れています。


トマトベースのパスタは
「海老と小松菜のトマトソース スパゲッティーニ」

P1050589.jpg

海老のぷりぷり感は、海老好きな方にはたまらない食感。
小松菜と主役の海老を引き立てるよう、ごくごくシンプルに、あっさりと召し上がって頂けるよう、
いつもよりトマトを濃厚にトロリと煮込み、フレッシュのトマトを加えて仕上げています。


クリームベースのパスタは
「鶏もも肉とキノコのクリームソース タリアテッレ」

P1050590.jpg

舞茸、シメジ、エリンギなど3種類のキノコを使って、
鶏の柔らかく旨みのあるもも肉と合わせました。
美味しいことに間違いない味付け、組み合わせの一皿です。


是非どうぞ召し上がりにいらしてください。
http://www.thekawabunnagoya.com/

スポンサーサイト

テーマ : イタリアン - ジャンル : グルメ

2010/11/04 01:06 | レストラン  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。