スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

Chef's Selection ¥6,800 Course---THE KAWABUN NAGOYA---

Chef's Selection ¥6,800 Course

11/16(火)から、ディナーのアラカルトとChef's Selection(シェフズ セレクション)と
Seasonal Standard(シーズナルスタンダード)のメニューが新しくなります。


クリスマス前の雰囲気を感じて頂けるChef's Selection(シェフズ セレクション)の
コースを詳しくご紹介します。



まずは冷前菜
「七面鳥胸肉ときのこ、クレソンのインサラータ」


P1070110.jpg

七面鳥はクリスマスのお料理として、あまりに有名な食材ですね。
ハーブや塩、胡椒で香り付けし、柔らかく蒸してあります。
ソテーしたきのことクレソンには、トリュフオイルとトリュフスライスで香りを付けています。



温前菜1品目は、
「ズワイ蟹と海老いものフリット トマトソース」


P1070111.jpg

ズワイ蟹をふわっとした食感で召し上がっていただけるよう、フリットにしました。
オニオン、トマトのソースがズワイ蟹の甘みを引き立てます。



温前菜2品目は、
「ポルチーニ茸のストゥラコットとジャガイモのピューレ」


P1070114.jpg

ストゥラコットとは、イタリア語で”柔らかく煮込んだ”という意味
ポルチーニ茸をクリーム煮にしています。


相性の良いジャガイモとの相性は抜群
冬らしい一品です。



パスタ1品目は、
「牡蠣と水菜のフェデリーニ」


P1070115.jpg

海のミルクと言われる牡蠣の旨みを引き出し、
シンプルに味わっていただけるようにオイルベースのパスタでご用意しました。


後日、作り方をご紹介する予定のお料理です。


パスタ2品目は、  
「北海道産仔羊のラグーソース タリアッテッレ」


P1070117.jpg

北海道産の仔羊は、丁寧に育てられており癖の無いミルキーな味わい
その分、私達もフライパンで粉を打ちながら焼き、旨みを逃がさないように丁寧に調理しています。
赤ワインやローリエなどで柔らかくラグー(煮込み)にし、アクセントでゆりねを入れています。


ゆりねのシャリシャリした食感をアクセントにお楽しみください。


メイン料理は、
「真鱈とパンチェッタのグリル ルッコラ添え」


P1070119.jpg  

真鱈にパンチェッタ(豚のバラ肉)を巻いてグリルすることで、
豚の脂と旨みを鱈がぎゅっと吸っています。


粒マスタードであっさりとどうぞ。


デザートは、
「洋ナシの赤ワインコンポート」


P1070122.jpg

コンポートとは、通常シロップで煮込むことを言いますが、
今回は洋ナシのフレッシュな食感を残すために、オレンジと赤ワインをかけながら
周りだけ柔らかくなるように仕上げました。


香り高い、タヒチ産のバニラビーンズをたっぷり使ったバニラアイスを添えています。

追加¥200でお選びいただけるデザートも、
とてもお薦めだったのでご紹介します。



お選びいただける内の1品は
「赤いフルーツのマリネ バニラアイスクリーム」


P1050141.jpg

スタッフの選ぶ好きな料理の上位に必ず食い込む、とても人気の高いデザートです。

フランスの高級紅茶 マリアージュフレール
独特の香りが楽しめるフレーバーティー、マルコポーロの香りをつけた
イチゴ、ルビーフルーツ、ブラックベリー、ラズベリーとアロエを
バニラアイスで召し上がってみてください。



2品目でご検討いただくのは、
「パンナコッタ」


P1070127.jpg

イタリアの定番デザート パンナコッタ
イタリア語でパンナ(生クリーム)をコッタ(煮た)という語源の通り、
なめらかな口どけが病みつきになるデザートです。


トッピングをキャラメルソースか

P1070126.jpg

ベリーソースの2種類からお選びいただけます。

P1070124.jpg

七面鳥や北海道産仔羊など、珍しい食材を使ったこのコースは12月15日までのご提供です。
是非、召し上がりにいらしてください。

http://www.thekawabunnagoya.com/

スポンサーサイト

テーマ : イタリアン - ジャンル : グルメ

2010/11/16 02:22 | レストラン  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。