スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

New Lunch Menu(11/15~11/19) ---THE KAWABUN NAGOYA---

New Lunch Menu(11/15~11/19)


今週は、¥1,000のパスタランチのパスタ、
¥4,500 Che'fs Course(シェフズコース)のメイン料理が変更になりました。

パスタランチのオイルベースパスタは
「スモークポークとキノコのスパゲッティーニ」

P1070079.jpg

豚を砂糖、塩でマリネした(浸したもの)を、桜のチップで自家製冷燻にしています。

冷燻とは、一般的な燻製を摂氏30~60度で行うのに対し、15~30度ほどの煙でいぶすことを言います。
脂が溶けない温度で燻煙しますので、お肉が柔らかくとろけるような食感が楽しめます。

エリンギ、舞茸との組み合わせも相性抜群です。


「奥三河完熟トマトとオイルサーディンのスパゲッティーニ」

P1070078.jpg

プッタネスカをベースにしたパスタです。

プッタネスカとは、娼婦風の意味を持ち
①オリーブ
②ケッパー
③アンチョビ
の3つが入ったパスタのことを言います。

その昔、娼婦の人でも美味しいパスタを作ることができる。
と言われたパスタのレシピです。

ニンニクとアンチョビで味付けし、フレッシュトマトと水煮のトマトの2種類で味の
変化を持たせています。


「サーモンとルッコラのクリームソース タリアテッレ」 

P1070150.jpg

アンチョビと生クリームのベースに、ほぐしたサーモンをたっぷり入れています。
ゴマのような風味のルッコラがアクセントになっています。


¥4,500 Che'fs Course(シェフズコース)のメイン料理は、
「本日の鮮魚のサルティンボッカ マリナーラソース」

P1070080.jpg

サルティンボッカとは、イタリア語で”口の中に飛び込んで来る”という意味のお料理
通常は、仔牛・鶏・豚肉などにセージなどを乗せて、 生ハムを巻いたお料理を言います。

今回はアレンジし、魚料理としてご提供しています。
マリナーラソースは、ネーミングの通りこれだけで海の香りがするようなソースです。


お肉料理は、
「フランス産鴨胸肉のタリアータ ペヴェラーダソース」

P1070081.jpg

ペヴェラーダソースは、イタリア語の胡椒(ピペラータ)から胡椒を加えたという意味を持つソースです。
鶏のレバー、サラミとレモンをソフリット(タマネギ、ニンジン、セロリなどの香味野菜をオリーブオイルでじっくりと炒めたもの)と一緒に調理し、酸味が効いたソースに仕上げています。

作ったキッチンスタッフがレバーが苦手で、レバーが苦手な方にも食べやすいように
チャレンジしてもらえるように工夫したそうです。

THE KAWABUN NAGOYAらしい思いのこもった仕上がりです。


¥3,200 Standard Course(スタンダードコース)
「ホワイトチョコレートのセミフレッドとりんごのコンカッセ」

P1070082.jpg

セミフレッドのなめらかさと、ホワイトチョコレートのチョコチップのカリカリ感
紅玉を煮詰めたコンカッセ(角切り)の3つの食感をお楽しみください。

http://www.thekawabunnagoya.com/

スポンサーサイト

テーマ : イタリアン - ジャンル : グルメ

2010/11/18 19:31 | レストラン  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。