スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

New Dinner Menu(11/24~) ¥12,000 Kawabun's Course ---THE KAWABUN NAGOYA---

New Dinner Menu(11/24~) ¥12,000 Kawabun's Course

先々週から、既に大人気のKAWABUN's Course(カワブンズコース)
内容をご紹介させていただきます。

「ロシア産キャビアと牡蠣の冷製カッペリーニ」

P1070320.jpg

乾杯のシャンパンに合うよう、ご用意した一品
冬の味覚の代表、牡蠣とキャビアのコンビは贅沢なスターターです。


アンティパストミスト

P1070322.jpg

「・炙り鯛と芽キャベツのクルード」

P1070325.jpg

クルードとは、イタリア語の「生」という意味
新鮮な鯛にカラスミバトネ(バトン状、棒状に切ったもの)を添え、
カラスミの塩分とレモンのヴィネグレットで食べてもらいます。


「・白子のカツレツ」

P1070324.jpg

周りはサクサク、中はトロっとした白子は女性に大人気
ニンニクを効かせたトマトソースでどうぞ


「・牛フィレ肉とトンナータソース カネロニ風」

P1070323.jpg

カネロニとは、クレープのような生地の中に
鶏肉や牛挽き肉などが入ったイタリア料理を言います。

牛フィレ肉の中にソースを包んで仕上げています。


「フォアグラのソテーと焼きパルミジャーノリゾット トリュフソース」

P1070329.jpg

マルサラワインとは、4大酒精強化ワインの1つ
シチリアの西端マルサラで作られるワインです。

深いブラウンにキラキラと艶やかな琥珀色。
バニラやアーモンド、レーズンを思わせるような香りで、
心地よい味わいが特徴のワインをソースにしました。
トリュフオイルも入れて、贅沢な味わいになっています。


「ズワイガニとポルチーニ茸のタリアテッレ」

P1070331.jpg

甲殻類とポルチーニ茸、日本では珍しい組み合わせのパスタです。

イタリアでは、スカンピ(手長えび)にポルチーニクリームをかけて
食べることがよくあるのですが、イタリア本場の味をTHE KAWABUN NAGOYAから
ご提案させていただくような一皿です。


「三河産赤座海老と黒ムツのアクアパッツァ」

P1070335.jpg

魚介の旨みをスープに移し、スプーンで召し上がっていただけるように
温かみをより感じていただけるメイン料理でご用意しました。


「グレープフルーツのグラニテ」

P1070345.jpg

フレッシュのグレープフルーツを絞って、グラニテにしました。
グレープフルーツの持つ味と香りを純粋に楽しんで頂けます。


「和牛サーロインのタリアータ ヴィンコットソース」 

P1070339.jpg

ヴィンコットとは、イタリア語で「煮たワイン」という意味
南イタリアで作られる糖度の高いぶどうを煮詰めたソースを言います。

THE KAWABUN NAGOYAでも、フランボワーズの香りのバルサミコを煮詰め、酸味と甘みを強めて
グロゼイユ(赤すぐり)の実で酸味を足して作っています。

色目や盛り付けも、クリスマスをイメージしています。

「国産和栗のモンテビアンコ」

P1070340.jpg

ヘーゼルナッツの風味のダコワーズの上に、マロンクリームとミルクジェラートを乗せ
名前の通り「白い山」のようなデザインに仕上げています。
さくさくとしたダコワーズの食感と栗の滑らかな味わい、ミルクジェラートの冷たく甘い味わいは
食後の楽しい余韻を長引かせます。

是非、召し上がりにいらしてください。
http://www.thekawabunnagoya.com/


スポンサーサイト

テーマ : イタリアン - ジャンル : グルメ

2010/12/02 18:17 | レストラン  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。