スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

THE KAWABUN NAGOYA ---@N.Y.---

N.Y.にて

こんにちは。

「最近ブログ更新してませんね。楽しみにしてるのにー。」と言われてしまい、あわてて書いています。
先日より、N.Y.、東京、バンコク、東京、神戸と外出が多く、ネタがいろいろとあるのですが、
ついつい更新できていなくて申し訳ございません。

さて、本日はN.Y.に行ったお店のお料理をご紹介いたします。
こちらのお店は某セレクトショップ本店の9Fにある、カジュアルでおしゃれな感じのビストロです。
フレンチ、イタリアンとカリフォルニアがフュージョンしている感じ、ファインダイニングと言ったところでしょうか。

"○○(店舗名)風ニース風サラダ"
DSC02875.jpg
一見、豪快なサラダですが、ニース風サラダの定義に沿って作られており、とても安心感のあるお料理でした。
通常、ニース風サラダというとツナ(オイル漬け)が入っているのですが、こちらは新鮮なマグロをグリルして乗せています。THE KAWABUN NAGOYAで言うところの"メディタリアンシェフサラダ"ですが、とても参考に、そして美味しかったので、次回のワイン会のメニューにアイディアを取り入れることにしました。

こちらは"アスパラガスのオーブン焼き"
DSC02876.jpg
アメリカっぽいかなり大降りのアスパラにチーズをかけて焼いたシンプルな仕上がり。熟成バルサミコソースです。
こちらも"アスパラガス・ミラネーズ"に似ていますね。

次は、カラマリ・フリット
DSC02877.jpg
ヤリイカのフリットですね。ヤリイカのフリットはこうして食べるのが一番美味しいですね。食感を感じる細かなパン粉を薄くまぶして揚げたもの、サルサはフレッシュトマトとバジル。間違いないです。ワインが進みますね。
画像をよく見てみて下さい。レモンにカバーがついています。N.Y.のお店にはレモンが巾着のようなカバーがかかっていて、お料理にレモンの種が入らないようになっているところが多いのです。

こちらは"タラバガニとエビのサラダ"
DSC02880.jpg
こちらも豪快。日本にはないですね。これで12$くらいだったと思います。
ソースはハーブ風味のマヨネーズ的なソースでした。美味しかったですが、かなり量が多く、そろそろお腹が・・・

なので、メインは控えめにお魚1品、お肉1品。

"スズキのロースト クスクス添え"
DSC02881.jpg
セルバチコのサラダとクスクス、ローストしたスズキにフレッシュトマトとアヴォカドのサルサです。
お魚の鮮度は日本も、もちろんTHE KAWABUN NAGOYAも負けていません。

"アンガスビーフのタリアータ"
DSC02883.jpg
見た目でもう、ノックアウトという感じのプレゼンテーションです。6名で食事をしていましたが一同に驚愕でした。
赤身なので、肉の味わいはしっかりとしているのですが、牛肉、特にステーキは和牛が美味しいですね。
やはり、霜降り⇒柔らかさ、です。

デザートは
いろいろと迷っていたので、盛り合わせを作っていただけました。
DSC02887.jpg
ティラミス、リンゴのタルト、ニューヨークチーズケーキ、プロフィットロール、ホワイトチョコレートムースです。

そして

"フォンダン・ショコラ"
DSC02886.jpg
定番メニューで、ナイフやフォークを入れると、チョコレートが流れ出す温かなチョコレートケーキです。
こちらのメニューは秋~冬場、THE KAWABUN NAGOYAでもお召し上がりいただけます。

パスタも食べたのですが・・・ちょっとアレでしたので割愛します。

N.Y.では、ホテル、レストラン、バーとたくさん行きましたので、参考になるところはどんどん取り入れて、もちろん、今のままの方がいいものはそのまま自信を持って。レストラン、バー、宴席、ブライダルと、よりご満足いただけるお店作りをしていきます。

2/23のワイン会もあと数日、ご予約は46名様、と会を重ねるごとにご予約数が増えております。
今回は、前回のお声を反映しての「フランスワイン」がテーマですので、N.Y.で得たものを生かしていこうと思います。あとわずかではありますが、まだお席のご用意が出来ますのでご予約をお待ちしております。


Tel:052-222-2333
受付時間 11:00-19:00

スポンサーサイト

2010/02/21 16:39 | 未分類  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。