スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  TOP

チョコレートリボンの作り方 ---THE KAWABUN NAGOYA---

チョコレートリボンの作り方


ここ最近、ウエディングケーキをたくさんご紹介しましたが、
その中で好評だったチョコレートリボンの作り方をご紹介します。

075897.jpg 

大人っぽくも可愛らしいチョコレートリボン
全てパティシエが手作りしています。

P1090912.jpg P1090914.jpg 

まず、セロファンでお好みのリボンの太さに細長く作ります。
リボンの角は三角に、ナナメに切ります。

P1090915.jpg 

リボンの両端をナナメにしてください。

P1090922.jpg

プラスチックなど、平らな台の上にセロファンを並べます。
写真では全くよく分かりませんが、何本も並べています。

P1090906.jpg 

チョコレートをテンパリングし、用意しておきます。

テンパリングとは、温度調節を行うことで、 チョコレートが安定して、
色つやの良い状態にするための方法を言います。

テンパリングをするには、
チョコレートを50~55℃の湯せんにかけ、チョコレートを40~50度に上げ、
かたまりがなくなるようにかき混ぜます。

湯せんを外し、チョコレートが一旦27℃まで下がったら、
再度湯せんをして、温度を32℃
に上げます。

この後は28~30℃の温度に保温しながら使います。
温度が下がって固まった場合は、30℃を越えないように湯せんにかけます。

P1090902.jpg P1090903.jpg

こうして、柔らかくなったチョコレートをヘラでセロファンの上から伸ばします。

P1090908.jpg P1090907.jpg

少しだけ置いて、チョコレートの表面がうっすら乾いて来たら
セロファンごとチョコレートを剥がします。 

P1090909.jpg 

まだチョコレートが柔らかいので、そっと外します。

P1090910.jpg

この状態で、しばらく置きます。

P1090927.jpg

形が変えられるくらい、固まるまであと少しとなったら
丸く形作り、ナナメに切った先をくっ付けて止めます。

P1090934.jpg P1090935.jpg

完全にチョコレートが固まったら、セロファンを剥がします。

P1090938.jpg 


この作業を繰り返し、1つのチョコレートリボンを作るために
ワッカを約30個用意します。

P1090931.jpg 


チョコレートを2種類使うと
色目にアクセントが付き、おしゃれな感じに仕上がります。

P1090939.jpg

輪を円のように置き、土台となる部分を作ります。

P1090943.jpg P1090941.jpg


リボンのナナメの部分が重なるように、円になるように置きます。

P1090946.jpg
 

中心部にチョコレートを流し、真ん中部分を固めてくっ付けます。

P1090956.jpg

少し固まり始めたら2段目、3段目のリボンも付けて行きます。

P1090950.jpg P1090954.jpg
 

色目と形、バランス良く作ります。

P1090961.jpg    

上から見ても形良く、きれいなリボンに形作れたら
出来上がり!!

ウエディングケーキ用としてでなく、ご自宅で細いセロファンで
小さなリボンに仕上げても可愛いと思います。

創作意欲の強い方、是非作ってみてください。

THE KAWABUN NAGOYA

スポンサーサイト

テーマ : スイーツ - ジャンル : グルメ

2011/03/11 18:37 | キッチン  TOP

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。